僕はみつけてみたい

京都の大学生のブログ。新しいものに出会える旅をしています。少しの知識と日常と生活を楽しくさせるメディア「僕はみつけてみたい」

【完全網羅】ニューヨーク留学に必要だったものといらなかったもの

スポンサーリンク

f:id:tapetiger777:20180915202505p:plain

 

どうも、TPです(@tpblog_com)

 

留学ってめちゃくちゃ楽しみですよね。ぼくもNYに留学に行ったんですが出発の日が近づくにつれてうきうきしていました。

アメリカに行ってなにをするか考えたり、NYってどんな街かを想像してみたり、あらたな出会いに期待したり。

でも、楽しみなことだけでなくはじめての留学・はじめての海外での生活には不安はつきものです。

とくに、留学への持ち物はだれもが一度はなやむんではないでしょうか?

そんなあなたに向けて、この記事ではニューヨーク留学に特化して必要なものもっていかなくていいものをぼくのNY留学の経験をいかして紹介します。

 

 

NY留学に必要なもの

まずはじめにニューヨーク留学に必要なものを紹介していきます。

 

電子辞書

まず電子辞書、これは必ず必要です。最初のほうは、わからないことだらけでこれがないと勉強が進みません。

学校に行くときは常にもちあるいて、いつでも単語の意味をしらべれる状態をつくっておきましょう。

つまりこれは生命線です。

 

常備薬

海外のひとは日本とくらべて体がでかいぶんそれに合わせて薬もつくられています。

なので、海外のかぜ薬をのむとかえって体調を悪くさせることもありえるんです。とくにかぜ薬と胃腸薬

あと、目薬は日本のものを買って持っていくことを強くすすめます!まじで!(海外のものを試したい方はどうぞ…)

ぼくが普段持っていくリストはこちら▼

  1. 目薬
  2. ビオフェルミン
  3. パブロン
  4. ルルアタック

これさえあれば困りません。

 

薄手のパーカー

ニューヨークって冷房がききすぎなんですよ、ほんとに(笑)「いや、あほちゃうか?」ていうくらいガンガンに効いてます。

なので、カバンにいれても荷物にならない薄手のパーカーは必需品です。

 

パンツ

パンツはパンツでも下着のパンツでなくて、ズボンのパンツのことです。

アメリカンサイズって言葉が日本にもあるように、日本人の体形にあうパンツってなかなかないんですよ。

ぼくが182㎝あるんですが、一番小さいサイズがちょうどいいサイズのパンツが多かったです。

なので、現地調達しようと思っても「自分にあったサイズがない!」なんてこともおこるので日本から持っていきましょうね。

参考:1年の留学でこれくらいほしい▼

  • ハーフパンツ:3本
  • 長ズボン:3本

ハーフパンツはかないよって人も1本は絶対持っていきましょう!必ずです。

 

耳かき

ここでいう耳かきは綿棒のことです。日本の綿棒は100均でもアメリカのものと比べると明らかに質が違います。

ぼくは普段、くろ綿棒をつかっていたのでまとめ買いして大量にもっていきました。

 

ハンガー

ぬれたタオルをかけるのにも、普段の服の整理にも、カバンをかけたりしても何かと便利なのがハンガーです。

余分にもっていきすぎなくらいがちょうどいいと思います。

 

S字フック

S字フックはこれです▼

こんなもんなにに使うんだよ?という声が聞こえましたね(笑)

アメリカは日本と違って土足で生活するのが普通です。となると基本的に地面はきれいではないですよね。

そんなときにS字フックがあればカバンを地面に置かなくてもいろんなとこにかけれてカバンが汚れる心配がありません。

また、改めて「いや、つかわねぇだろ!」という声が聞こえましたが、高いものではないので1つ持っていかれることをおすすめします。

 

小さいショルダーバッグ

小物だけカバンに入れてさっと街にでる、NYの休日はこんな日もすくなくありません。

毎回リュックやトートバックでは荷物になるので、肩からさげれる小さいカバンはなにかと役にたちます

ぼくのおすすめはこれ▼

 

NYにもっていかなくていいもの

次にNYにもっていかなくていいものを紹介します。

シャンプー・ボディソープ

基本的にこの手にの消耗品はわざわざ日本から持っていく必要はありません。もっていったものがなくなればどうしますか?

現地で買いなおすでしょ?そういうことです。

どうしても日本製がいいというあなたに朗報です。すこし値段はたかいですが有名なものでしたら、日本製のものもアメリカで販売していますよ。

 

大量の靴

靴はサンダル(室内で便利)とスニーカーがあれば十分です。無理に日本から持っていく必要はありません。

おしゃれな店もたくさんあるニューヨークです。お気に入りの靴を見つけて現地で買いましょう。

 

大量の衣服

パンツは日本からもっていくように言いましたが、Tシャツなどのトップスはサイズにこまることはないでしょう。

いざとなればいたるところにユニクロがあるので現地調達が可能です。極論ほとんどいりません。

 

日本食

日本が恋しくなって味噌汁がのみたい、カップラーメンが食べたくなるなんて聞きますが別に日本からもっていかなくてもいいんです。

アメリカでも普通に販売してます(笑)買いたいときにかってたべれちゃいます。

 

変換、変圧器

海外に行くなら、変換機は必須で変圧器も欲しいところです。が、ニューヨークに変換機は必要ありません

変圧器もあればいいのかもしれませんが、基本的にすべての電化製品が変換機・変圧器をつかわずに使用できます。

※ドライヤー、ヘアアイロンは電圧を確認してからもっていくようにしてください。変圧器が必要な場合があります。

 

NYはとても便利な街

必要なものともっていかなくていいものがわかってもらえたと思います。

今回はもちものについての話でしたがニューヨークという街は本当に便利な街です。

あなたの留学先がマンハッタンかブルックリンかそれともクイーンズかそんなことは関係なくニューヨークそのものがとても便利な街なんです。

なんでも買えます、移動が便利です。なので、必要なもののほとんどが現地で調達できると思っていてください。

POINT

日本から持っていくものは日本製品でないとだめなもののみ!

 

クレジットカードは1枚持っておこう

海外は、日本と比べるとまだ安心とはいえないので大量の現金をもって行動するのにはリスクがあります。

また、日本円を余分にもっていってもそれが無くなってしまえば生活ができなくなります。

海外ではリスクの管理も自分でしなければいけません、その一つとしてクレジットカードを一枚もっておくことをおススメします。

クレジットカードをもつメリット


・大量の現金を持ち歩かなくていい
・お金がなくなって生活に困るリスクの管理
・海外保険がついている
・買い物時の為替レートなので損をしない

ニューヨークは便利な街といいましたが、基本的にどのお店もクレジットカードが使用できます。

ニューヨークの留学に最適なクレジットカードは【エポスカード】

f:id:tapetiger777:20180915203513p:plain

また、こちらで紹介しているEPOSカードは海外保険もついているので万が一の事故や治療も対応してもらえます。

 

NY留学経験者から一言

ニューヨークは様々な地域から人があつまる街なので、英語の種類にもいろいろあります。

本場アメリカということで英語の勉強はもちろんですが、有名な観光名所やほかではできない体験が沢山できます。

特に休日はいろんなところに足を運んでみてください1つ1つの出来事すべてがあなたにとって大きな影響があるとおもいます。

 

今回は持ち物の話をしましたが、最後にNY留学でのもちもの準備に大切なことは日本でしかないものを持っていくことです。

それでは、たのしい留学ライフを送ってください!

最後までみていただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人:TPのTwitterは下のボタンからフォローできます。

フォローお願いします!

とりあえず見る